カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

河野信悟

メモ

珈琲って苦くて砂糖やミルクを入れないと飲めないもの?飲み過ぎたら胸焼けが・・・。 そんなイメージを持っていらっしゃる方おられます?当店はスペシャリティな珈琲豆を自家焙煎で、こころとからだにやさしく香りの高い新鮮な珈琲豆をお届けします。全国通販(北海道内は送料470円)、同じ江別市内でしたら、200g以上配達料無料で配達も承ります。
〒067-0041北海道江別市元江別本町37-70
TEL/FAX011-398-4647
携帯090-3119-4088
⇒当店への地図はこちらから
営業時間⇒土曜日を除く11時から19時(土曜日はお休みです)


店長日記はこちら

トラジャ サパン(中深煎り)
型番 ht-211
定価 550円(税込)
販売価格

550円(税込)

購入数
豆か粉
数量

オプションの価格詳細はコチラ


マンデリンと共にインドネシアを代表するコーヒー、トラジャコーヒーはインドネシア最大の島の一つスラウェシ島のトラジャ地区、トラジャ・サパンは、その中でも最も標高の高いサパン地区で栽培されているコーヒー豆です。
約2000m級の標高の中で育つトラジャ・サパンは、高標高のため、一年を通して気温の寒暖が激しく、雨期には多量の雨が降り注ぎ、水はけのよい良質の土で育てられます。
第2次世界大戦後、一時は荒廃し、姿を消していた事も有りましたが、1970年代に日本の企業の手によりようやく復活をとげました。
しかし、生産量が少ないため、非常に貴重なコーヒー豆として扱われています。
▽焙煎度 シティロースト
※生産国 インドネシア
※地域 スラウェシ島トラジャ地方サパン地区
※農園 ムリア・コピ・アバディ農園エルウィン氏
※クロップ 2018
※木の品種 ティピカ
※その他 栽培地の標高1600m〜1800m
※精製方法 セミ・ウォッシュド
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける